« 銅鏡作ってみませんか?? | トップページ | 鋳物は難しい。 »

2008.04.30

真土つくり

さて、来る銅鏡ワークショップのために、鋳型材の「真土(まね)」を作りました。

Manetukuri01
埴汁と山砂、川砂、企業秘密の砂を混ぜてハンバーグみたいなのをたくさん作ります。

Manetukuri02
800度で焼き上げます。こんがりピンク色。
これから粉々に砕いていきます。

Manetukuri03
秘密兵器登場!

Manetukuri07

Manetukuri04

Manetukuri05
ぺったんぺったんとリズミカルに。

Manetukuri06
ふるいでふるいます。
微細粒の真土ができました。


|

« 銅鏡作ってみませんか?? | トップページ | 鋳物は難しい。 »

コメント

ひさしぶりです、みかみです。

真土から作るんですねえ!
しかも、この上なく原始的に思えます…。
鹿児島で、これにそっくりの、水力式のぺったん機械を見ました。
でもこれは人力ですね…時間かかりそうですね〜。
このアナログさに好感触です。

ここはなにかの施設なんでしょうか?

投稿: みかみ | 2008.05.05 00:26

こんにちは、こんばんは。

ここは古代生活体験館という西都原考古博物館の施設です。はにわと勾玉が作れます。
そこにあったマシーンを使いました。
原始的と思いきや、戦前までの日本ではそんなにめずらしいものではなかったみたいです。見学に来る多くのおじいちゃんが「懐かしい、懐かしい」と言ってまーす。

投稿: すぎはら | 2008.05.06 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銅鏡作ってみませんか?? | トップページ | 鋳物は難しい。 »