« 錫の浄水実験その1 | トップページ | ドクガス発生 »

2005.06.16

錫の浄水実験その2

続きです。

suzu05-0607
6月7日。とくに変わった様子はありません。

suzu06-0608
6月8日。錫入りはピーンとしています。何もなしは前におじぎしている状態です。

suzu07-0611
6月11日。と、ここで錫入りのほうの花がしおれました。何も入れていないほうはなんとかまだ生き残っています。

suzu08-0612
6月12日。錫入りのほうがしおれてから数時間後何も入れていないほうの花もしおれました。

ということで結果を言うと

一番花が「長持ち」したのは何も入れていないものでした。
一番花が「元気」だったのは錫入りのものでした。
ピューター入りはだめでした。

錫を入れると、花が長持ちするんではなく、元気であるということですね。
ピューターがだめだったのはよくわかりません。

社長よりひとこと。
suzu00
「もう一回やりなおし。」

ということで再実験をします。
中学校での理科の実験のとき、同じ実験を10回しろといわれたのを覚ちょります。
花の個体差もあるだろうし、水の成分で結果は変わるかもしれません。
ではまた、後ほど。

|

« 錫の浄水実験その1 | トップページ | ドクガス発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 錫の浄水実験その1 | トップページ | ドクガス発生 »